市P連について

年度所信

子どもたちの未来のために、今できること。
~新時代のPTA活動を考える~

新時代、令和元年度の松本市PTA連合会の活動スローガンは、『子どもたちの未来のために、今できること。~新時代のPTA活動を考える~』といたしました。

PTAとは、ご承知の通り” Parent-Teacher Association”の略であり、子どもたちの健やかな成長を図ることを目的とし、保護者と教職員とが協力して、学校及び家庭における教育に関し、理解を深め、その教育の振興につとめ、さらに、子どもたちの校外における生活の指導、地域における教育環境の改善、充実を図るため会員相互の学習、その他必要な活動を行う団体です。

松本市PTA連合会も、各学校PTA間の連携や、会員の知識向上・交流のため、各種会合や、研修会、委員会などを企画、実施しています。

昨今、PTAの加入や会費の問題、少子化による役員のなりての問題などが、表面化してきました。役員になっても、多数のあて職や出向などの要請があり、改革を行わない限り負担が増えることはあっても、減ることはない現状があります。このままでは、会員・組織が疲弊し、継続も危ぶまれる事態になりかねません。

教職員の皆様にも、働き方改革が取りざたされるなか、PTA活動の負担軽減も考えてく必要があります。家庭においても、今や共働きがほとんどになり、時間に追われる日々を過ごしていらっしゃると思います。とはいえ、あくまで子どもたちあってのPTAです。PTA活動の時間は、時間に追われているからこそ、ちょっと立ち止まって客観的に子育てを考えられる貴重な時間でもあります。

また、子どもたちが健全であるためには、まず我々保護者たちが健全でなくてはなりません。我々、我々の子どもたちはもちろん、未来の保護者、未来の子どもたちのためにも、組織の抱える問題を解決し、将来へ前向きに継続していける組織づくりを考え実践していきたいと思います。

松本市PTA連合会
会長 内藤 謙

令和元年度 事業計画

スローガン:子どもたちの未来のために、今できること。~新時代のPTA活動を考える~

<重点目標>

1. PTAが直面する課題の解決、負担軽減に取り組みます。

PTA連合会の規約を見直し、時代に即した内容を検討の規約の改正を目指します。
またITの活用など、ペーパーレス化の推進や、業務負担の軽減を検討、実施します。


2. 学校、行政、および関係機関や団体と連携し、教育環境の向上に取り組みます。

各校PTAと共同して子どもたちの教育環境に関して検討し、行政および関係機関との情報交換連携を強化・活用し、会員への知識や情報の提供を推進します。同時に、役員出向の見直しにり組みます。
また、将来の人材育成のため、地域の大学等との連携も模索していきます。


3. PTAの取り組みや情報を発信を強化します。

各校PTA、および連合会の活動や、地域社会と密接に連携する諸団体や専門の方々などの成果や情報を、ホームページや広報誌などを通じてPTA会員に発信します。


4. 教育に関する諸問題のサポートに取り組みます。

子どもの生活、いじめや不登校、メディアリテラシー、心とからだ、地域とのつながりなど、子どもたちに関する諸問題を、家庭、学校、地域、PTAの各レベルでの関わり方や取り組み方について委員会活動を通して検討し、子どもたちの健全な成長をサポートします。


 

松本市PTA連合会60年のあゆみ

リンク集

PTA関連

長野県PTA連合会 
http://www.pta-naganoken.net/
社団法人日本PTA全国協議会 
http://www.nippon-pta.or.jp/
塩筑PTA連合会 
http://www.shiojiri.info/~enchiku/

関係機関

松本市 
http://www.city.matsumoto.nagano.jp/
長野県教育委員会 
http://www.pref.nagano.lg.jp/kyoiku/kyoiku/