活動報告

活動報告

陽だまり懇談会報告

~陽だまり懇談会に参加~

10月13日(日)「陽だまり懇談会」が、塩尻市の総合文化センター講堂にて開催されました。今年度は、長野県PTA連合会結成70周年を記念して、はじめて郡市である東筑摩塩尻PTA連合会との共同開催となりました。昨年度よりこの懇談会に向け、県PTA連合会子育委員長の森さんはじめ、東筑摩塩尻PTA連合会の古畑会長、寺澤副会長を中心として、準備が進められ当日を迎えることができました。
東筑摩塩尻PTA会員の皆さんや、各郡市PTAの子育て委員会や母親理事のみなさん約120名方が参加されました。
陽だまり懇談会は、保護者自身の子育て力の向上と、PTA役員相互の連携の輪を広げ、PTA活動の充実を目指す機会となるよう、毎年開催されています。
研修Ⅰでは、松本市PTA連合会OGである 浅輪 佳代子さんが、ご自身の子育てやPTA活動での経験を交えながら【言葉の力】というテーマでお話してくださいました。
研修Ⅱでは、陽だまりカフェと題し、4つのテーマでグループ別懇談会が行われました。
子どもの自己肯定感を高めるコミュニケーションやスマホやゲームとの上手な付き合い方、
地域とのかかわりや担任の先生とのコミュニケーションなどについて、各グループ積極的に懇談が進められていました。
陽だまり懇談会に初めて参加し感じたことは、短い時間の中で、自分のPTA活動や子どもとの接し方、子どもへの思いを改めて見つめなおす良い機会となりました。また、参加されている各単位PTAの役員の皆さんも同じような悩みや、思いを持ちながら日々子育てに取り組んでいることを強く感じた一日となりました。

取材 山本 美帆(市P連副会長)

平成27年度長野県PTA連合会母親代表副会長 浅輪 佳代子さんの講話(松本市PTA連合会 OG)
アイスブレーキングでは、ビンゴカードを持って自己紹介
陽だまりカフェ 各グループに分かれての懇談
まとめの発表 様々な意見をまとめて発表し合いました
お知らせの記事一覧へ