ブログ

ブログ

吉澤会長ブログ(7月)

皆さま、こんにちは~(^^)吉澤です。

🎋七夕の日は、どんな願いをされましたか?
子どもたちも夏休みに入り、それぞれ部活動や習い事も忙しく、保護者のみなさまも、なんとなく慌ただしい毎日をお過ごしかと思います。

7月は11団体の関係機関との会議や研修会、委員会と補導パトロールに参加させていただきました。
今回は、そのなかで西部給食センターの会議に出席させていただいた時のことをお伝えしたいと思います。
まずは、お忙しいなか委員として同会議にご出席くださいました各校のPTA役員の皆さまに心からお礼申し上げます。

給食が子どもたち(学校)に運ばれて来るまでの様子を、映像とお話しでわかりやすく教えていただきました。
松本市では、平成11年から先進的にアレルギー対応食に取り組み、その様子は全国に向けてテレビでも紹介されました。子どもを大切に育てるという松本市の優しさを至るところで感じました。
給食センターでは、一人ひとりの児童と保護者にアレルギーの聞き取りをし、一食の対応食を作るのにも、何人ものスタッフの方の厳しいチェックをクリアして、安全に安心な給食が届けられている事です。それだけではなく、もしアレルギー反応が出てしまった時の為に備え、各校の先生方は適切な対応を学ばれているとの事でした。

説明会の後に、皆さまと一緒に給食をいただいて来ました。この日は🎋七夕のメニューについて栄養士の方より、お話しを聞かせていただきました。年齢により摂取カロリーが違い、ご苦労もあるかと思います。また、保護者の方の質問にも答えていただき、あちこちから「懐かしいですね~」「😋栄養満点ですね~🍴」「こんな機会、無いですよね~」などの称賛の声が上がりました。
何より、心がほんわか温かくなるような美味しい給食をありがとうございました。

わたしも子どもを学校に預けている保護者として、学校や学校に携わる方々についての取り組みを知る機会をいただき、とてもありがたいです。
今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

~松本市PTA連合会会長吉澤由紀子~

お知らせの記事一覧へ