お知らせ

お知らせ

吉澤会長ブログ(2月)

皆さま、こんにちは~(^.^)吉澤です。
暦の上では春が始まる日と言われる立春を迎えましたね。まだまだ寒い日が続いていますが、土の中や芽吹きを待つ木々は春の訪れに向けて準備を始めているのですね。私たちPTA連合会も、次年度に向けての準備をしていく時期を迎えます。

2月は、9つの関係機関との会議と協議会、補導パトロール、公立高校校長裁量の陳情、県PTA研修会、松本市公民館研究集会に参加させていただきました。

そのなかの、2月18日にMウイングで行われた公民館研究集会についてご紹介させていただきます。

松本市公民館研究集会とは、公民館関係の方を中心に、学校関係の先生方、関連事業の方が参加されているもので、各分科会ごとにテーマを設けてグループ討議、発表を行うという内容です。

私は第2分科会に参加させていただき、PTAの活動を通じて、また保護者の立場から「家庭側から見た地域のあり方」についての発表をさせていただきました。

~子どもたちが輝くために~を分科会テーマとして、『私たちが出来ることを考えよう❗』と言う呼び掛けに、当日の一般参加も含め約80人程の方が第2分科会に参加し、2 時間を超える有意義な時間となりました。グループの代表の方が発表された内容で共通していたことに、問題や課題となっていることの解決策を見つけ行動に移すには、発信者側の意識を変えていくことが大切という意見でした。

その意識とは、「安全で安心な関係性を大人の私たちが発信して行こう✨」という決意とも感じられる意識であり、それぞれの立場でそれを確認し、共有する貴重な時間となりました。当たり前の「あいさつ」を、大人の私たちから、子どもたちや地域の方に向けて行動することは、少しの勇気と続ける気持ちが大切ですねd(^-^)我われ大人たちは、子どもたちにとって安心なおじちゃんとおばちゃんになれるといいなぁ~☺と思います。来月は卒業式ですね🌸受験生、卒業生、進級するお子さまの保護者のみなさま。まだまだ寒さが厳しく、何かと気忙しい時期を迎えるかと存じますがくれぐれもご自愛ください。

~松本市PTA連合会会長 吉澤由紀子~

お知らせの記事一覧へ